プログラム|世田谷区の放課後等デイサービス・児童発達支援|運動療育スパークスタジオ世田谷

運動療育スパークスタジオ世田谷
03-5797-9782受付時間 9:00~18:00お問い合わせ

プログラム

スパーク(SPARK)のプログラムについて

スパーク(SPARK)のプログラムについて一般社団法人日本運動療育協(SPARK 協会)の指導のもと、医療・教育・育児の方向性を根本的に変えて、身体運動が脳の発達の促進、発達障害やメンタルヘルスの改善、常習行為を軽減、高齢者の認知力を維持するために『脳を鍛えるには運動しかない』の著者ジョン・J・レイティ博士による Sparking Life の科学的研究の成果に基づき考えられた運動療育プログラムです。
一般社団法人日本運動療育協会(SPARK協会)

ページトップ

脳の発達を促す様々なトレーニングプログラムの提供

脳の発達を促す様々なトレーニングプログラムの提供

1.発達障害の捉え方
発達障害は、遺伝的要因による脳の軽度な機能障害で感覚情報処理や運動機能に特性を持つが、生後の生活環境(運動・食事・ 睡眠・自然とのふれあい・他者との絆など)や適切な療育によって改善する可能性が高い。

2.脳科学(SPARK̶脳を鍛えるには運動しかない)
運動が脳全体を活性化して、認知や学習能力を高めるとともに、情動のコントロールを容易にする。従って、生活環境に運動を取り入れることで脳機能の改善が可能となる。しかし、発達障害児は注意を向ける、興味を持続させて運動するなどが困難なケースが多いので、通常以上の感性と表現力をもって接する必要がある。

3.保護者が主役
スパーク運動療育では、保護者が療育の主役であると考えて家庭における関わりを重視する。

4.発達心理学(DIR)
すべての子どもは感情の伴う人間関係を通じて発達する。発達障害児も同じである。しかし、発達障害児は脳の配線が定型発達と少し異なるため感覚情報処理の方法が定型発達とは違ったり、心の発達段階が実年齢より低いケースが多いので、個々の感覚特性や発達段階に合わせ、子どもが興味を持った世界(運動遊びなど)でやり取りをすることが大切である。

5.独自の発達アセスメント
独自の発達アセスメントを実施して療育の進捗状況を可視化する。独自の発達アセスメントを実施して療育の進捗状況を可視化する。すべての子どもは感情の伴う人間関係を通じて発達する。発達障害児も同じである。しかし、発達障害児は脳の配線が定型発達と少し異なるため感覚情報処理の方法が定型発達とは違ったり、心の発達段階が実年齢より低いケースが多いので、個々の感覚特性や発達段階に合わせ、子どもが興味持った世界(運動遊びなど)でやり取りをすることが大切である。

ページトップ

寄り道プログラムとは

寄り道プログラムとは目先の成果や効率を重視するあまり、完成や表現力を育む基礎となる「遊び心」や「寄り道」を禁じてしまいがちな現代社会をスパークスタジオは、それらを取り除き特性別の運動療育で自由な自己表現を推進しています。

ページトップ

モニタリングを行い、療育に活かしています

脳の発達パーク(SPARK)では、感覚プロファイルの評価に加えて療育による脳の発達を、体の機能・心の機能・特性傾向の3軸で評価して個別支援計画の策定と療育に活かしています。

体の機能
立つ・歩く・走るなどの基本動作のぎこちなさによる評価
心の機能
グリーンスパン博士のグループによる発達段階を使った評価
特性傾向
興味の質、問題行動の頻度、情緒の安定度合いで評価

ページトップ

コースのご案内

スタジオ
50分間の特性別・個別運動療育が基本で、体と心の機能を高めます。
フィールド
80分間公園などの野外で感覚刺激を利用して発達を促す小集団療育。
総合型
3時間の滞在時間に運動・学習・SSTなどを入れた総合的な小集団療育。

ページトップ

スケジュール例

スケジュール例

※図をクリックすると拡大します。

ページトップ

保護者からの声

保護者からの声SPARK運動療育をより効果的にするためには保護者との連携が欠かせません。「保護者が子どもの感覚刺激となる、子どもの声に耳を傾ける、課題を押し付けない、興味に共感する、褒めて運動に導く」など心身の発達を促すSPARKの基本的な考え方を生活の場で実践していただくために、小学館から『発達障害の子の脳をきたえる 笑顔がはじけるスパーク運動療育』を出版しました。
すでに過去5年間で600名を超える発達障害児の社会性の改善に貢献し、その実績が認められて、SPARKの輪が全国に広がっています。

保護者から実際に頂いた声

「視線が合うようになった」
「自己肯定感が増しチャレンジできるようになった」
「発語が増え劇的に成長した」
「感情のコントロールができるようになった」
「時間・空間の概念ができた」

運動療育スパークスタジオ世田谷

〒158-0095 東京都世田谷区瀬田4-27-9【MAP

東急田園都市線「用賀駅」より徒歩9分 / 東急田園都市線・大井線「二子玉川駅」より徒歩16分

TEL 03-5797-9782 電話受付 9:00~18:00

ご利用可能地域
東京都(全域)・神奈川県(川崎市・横浜市)※その他の地域については相談してください

お問い合わせ

QRコードスマホサイトはこちら

横濱義塾

アメブロ

フェイスブック